LEARNING SPACE CANDLEについて


自分だけの学びを得られる場所

LEARNING SPACE CANDLEは、自由かつクリエイティブに学びを深めたい、あるいは学校や塾以外に居場所がほしいという学生のために生まれました。高額な授業料や周囲の人々、「行かなきゃいけない」というプレッシャーなどのしがらみなく学べる場がCANDLEです。学びのために作られた室内には、フリーWi-Fi、スナック、ドリンク、書籍といった学びのお供が充実しており、学生の学びをサポートします。1時間800円から気軽に使えますので、自分に合ったスタイルで活用してください。
>サービスと料金をみる

CANDLEがもたらすもの


学校でも塾でもない、学びのサードプレイス

CANDLEは学生が自ら学習に取り組めるよう、空間そのものからこだわって設計されています。従来の自習室のイメージとはかけ離れた、洗練されたデザインとおもてなしの空間。学生にとって最良の環境であるCANDLEでの学びは、創造力や自主性といった「生きる力」を育みます。学校でも塾でもない、主体的な学びの場がCANDLEです。

私たちのミッション


勉強のための学びから、生きるための学びへ

古い殻にある学習環境を変え、学生が学ぶこと自体を楽しめるコミュニティを作りたい––これが私たちの出発点でした。私たちのミッションは「学生のための学び場を提供し、学生がそれぞれの個性を育み、生きる力を身につけるサポートをすること」にあります。試験勉強のためでなく、自分が望む人生を生きるために学んでいってほしい。その思いの体現がLEARNING SPACE CANDLEです。

CANDLE運営チーム


坂本 規久子

学童クラブすだち小倉西教室代表。 明善高校から宮崎大学農学部へ進学。プログラマー、パソコンインストラクターを経て、結婚を機に北九州へ。結婚、出産後も正社員として働く中、お母さん達の「あったらいいな」を実現したくて、民間の学童クラブをオープン。
学童クラブすだち小倉西

濱野 孝司

北九州市生まれ。大阪大学外国語学部外国語学科ロシア語専攻卒。卒業後、様々な職業を経て、LEARNING SPACE CANDLEの立ち上げメンバーに。英語講師。CANDLEではWebサイト制作をはじめデザインも担当。

十時 康

北九州市立大学大学院社会システム研究科博士課程修了。博士号(学術)取得。現在、複数の大学で英語教育と異文化間コミュニケーション論の授業に携わる。授業では異文化間コミュニケーションを体験するシミュレーションゲームなどを活用している。



CANDLEサポーターのみなさま

CANDLEを動かすのは運営チームだけではありません。CANDLEを支えるサポーターのみなさまを紹介します。
>CANDLEサポーター一覧をみる